妻「あれ?今日コンタクト??」

僕「え?いや、メガネだけど?」

妻「……は?」

僕「……ん?」

妻「…………」

僕「…………」

それは少し刹那的な、時間にして1秒くらいだと思うが微妙な空気のあと一瞬で笑いがおきた!

妻「いや!かけてないじゃん!笑」

僕「うそっ!あっ!ホントだ!笑」

そう!今思えばこの日は朝(5/23)からなんだか変だった。というかここ最近、休みの日になるといつもこんな感じかも。



(ちなみにこの後上記のやり取りは僕たちの中で「メガネ事件」と言われた。)




と、まぁこんな感じで僕たちの休日が始まり、珍しくやることがあって朝もわりと早く家を出ることに…



そして、、、




前日から行くと決めていた場所に、、、




予約もなしで、、、




で、


いざ電話してみると、、、







なんと!!!




5月27日でその場所から移転になると言う!



ちょっ、





「聞いてないよ!」






その場所は「クラブチャイナ」という中華のコースが食べられるレストランなのだが、隣にチャペルがあって、思い出の場所なのである。


ちなみに以前訪れたのは8年前。なぜ8年も空いたのかというと独立前の職場とお店の定休日が重なってしまうためである。5月になるとなんとなく思い出し、今回もそんな感じで…
行かないという選択肢はなかった。
むしろその場所からお店が移転するとなると、なんだか余計に行きたくなったのだ。

電話ですぐ予約。

17時30分からだという。



そのレストランは住宅街にあってちょっと見つけにくいのだが地図を頼りに進むととても綺麗な手入れの行き届いた木が見えてくる。
ちょっと昔の洋館を思わせる門の奥にはパラソルのついたテーブルが2つと各テーブルを囲うようにそれぞれ四脚の椅子が並ぶ。
おそらくつい最近まで桜が咲いていたのだろうテーブルの横には緑色の葉をつけた大きな木と下には桜の花びらが散りばめられていて、その傍には必死で枝にしがみつく八重桜の花びらが風になびいていた。

IMG_3636
IMG_3635
IMG_3638

8年前の記憶だが外観はそのまま。

扉を開けるのに胸が躍る。

「ガチャ」

店に入るとそこには若いお姉さんが立っていて笑顔で出迎えてくれた。

早速席に案内されメニュー表が渡される。

僕たちは迷わず1つのコース料理を選び、1番高価そうなスパークリングワインを選ぶ。

が、しかし

そのスパークリングワインがないという。

残念だ、、、

代わりに別のものを用意してもらった。

IMG_3639

当時は緊張から覚えていなかったのか式の最初の乾杯は必ずこれなんだと店員さんが言っていた。

ここでしか飲めないオリジナルのものらしい。

僕「美味しい!」

しかし、なんとなく覚えているくらいなので初めて飲んだ感じもした。
当時はワインをまだ知らなかった妻。

妻「美味しい!」

僕は心の中で(8年ってなんも変わってないようだけど変わってるものも意外と多いのかな?)
と思った。

料理が出てくる


まずは前菜の盛り合わせ。
IMG_3640

IMG_3642

次はスープ。

IMG_3646
IMG_3650
IMG_3651

この辺から酔ってきて順番が…。

IMG_3652
IMG_3647

最後はチャーハンとデザートでシメ。

その間ワインをデキャンタで。

もうだいたいいい気分になった僕は
IMG_3649

ライトアップされた夜の庭をパシャリ。

最後に店員さんが中央区に移転したのちにまたこの場所に戻ってくると言っていたので、またここで食事することを目標にして明日からまた仕事を頑張ろうと思った。

この場所に来たことといい、ワインのことといい「直感」が生むものは時に計り知れないものなのかもしれない。

何が生まれたか…それはまた別の話で(^^)


5月10日お店の1周年から1週間の本日、

天候は晴れ。風はやや強いが散歩がてら歩くにはちょうどいい気候。

そして、

本日、9連勤明けの休日に、

1周年が経ったら来ようと思っていた場所に

ついに、
FullSizeRender
この場所、
FullSizeRender
IMG_3589
スターバックス(旭ヶ丘店)に来たー!

なによ!


なんだよ!


スタバかよ!


と思うかもしれないけれど


これは僕にとっての挑戦〜序章。


大好きなコーヒー


1日4〜5杯は飲むコーヒーを、ここ約1ヶ月我慢をし、久しぶりに飲むこと。

これが【挑戦!!!】


そして!特殊な機械で淹れてもらった!
FullSizeRender

「ん?いい香りだぞ!」
「これは!なんだ!」
「久しぶりだからか?」


でも、なぜ?

旭ヶ丘のスタバ???

特に自宅から近いわけでもなく?

お店の近くには宮ヶ丘店もあるのに?


一体なぜ⁇

実はこの旭ヶ丘店は、

札幌に2件しかない

「リザーブ店」。
コーヒー好きの人
スタバ好きの人は知ってるだろうけど、僕は1ヶ月前くらいに知った…

とここで、一つ疑念…

「筆者は本当にコーヒーが好きなのか?」

A「好きではあるが日常的に飲んでいる為その…苦味がどうとか?酸味がとか?フルーティな?とかは正直わからない…」


今までは…。


ただこの1ヶ月の我慢とこの旭ヶ丘で希少な豆で淹れていただいたコーヒーを飲んでハッキリわかった!

日常的に飲んでいたコーヒーも確かに美味しいのだが、やはり希少な豆で淹れたコーヒーは
「かなり美味い」
ということ。


口に含んだ時の豆本来の香り、旨味、飲んだ後の雑味がなく、スッキリした感じ、金額は普通にスタバでコーヒーを飲むよりも高い設定ではあるが、僕のように1日一杯のコーヒーを4、5日我慢すれば飲めない金額ではない! 

やはり、挑戦からは生まれます!

新たな視点、、、



次回ブログへ続く…。










おはよーございます。

突然ですが皆さんは最近公園に行きますか?

僕は通勤経路に公園があるので毎朝毎晩通るのですが、そこの公園は住宅街にひっそりとあって近くに病院もあって子供だけではなく大人も息抜きの場として使ってるみたいで、ホントにこじんまりとした普通の公園です。

今日もまた通勤時にその公園を通るわけでなのですが、公園に入ってすぐのところにこれまたごくごく普通の水飲み場があって、そこにはいい感じに油が染み込んでいい感じに焦げ目がついていい感じに年期の入ったフライパンのような黒光りを放った置物のような生き物がいました。


皆さん何かおわかりでしょうか?


早朝からそんなところに人間を恐れず堂々としていて、時にはゴミをあさり、襲われた人も多いのではないでしょうか?


 
アイツです。


カラスです。



そのカラス、普通のカラスより3倍は丸かったのですが、やっぱりドッシリと、僕が通ってもビビることなく、こちらをジーっと、、、

(僕はですねー4年前のこの時期に走ってたら後ろからカラスに蹴られたことあるのでちょっと苦手なんですよ)




               「あ〜なんかやだな〜」
           「こっちに見てるよ…」
        「飛んでくんなよ〜」

        「でも、ちょっと太ってて可愛いな笑」

とか思いながら

カラスと目を合わせて

ゆっくりと


慎重に、、、


距離をとりながら



素通りしようとしました。。が、、、



次の瞬間!!!




カラスは低い声を震わせながら



                  「ぽぅ。ぽぅ。」


と鳴いたのです。



僕は一瞬立ち止まり、思わずクスッとしてしまいました。
あまりにも間の抜けた声だったので、、、



なんだかこんなことも少し勉強になりますね!



なんかちょっとやだなーって思うものでも視点を変えたりなんかのタイミングで苦手意識ってとれたりするものですよね。

少しだけカラスの見方が変わった早朝の話でした!(^^)

↑このページのトップヘ