久しぶりのブログ更新です。

最近、寒くなってきて半袖好きな僕はこれから来る極寒に耐えていけるか不安な毎日を過ごしております。

毎年思うけど、北海道の夏は短いな~

皆さんはどうだべ

夏は四季の中で何番目に好きだべか

僕は1番好きです!
なまら暑い時の「グイッ!」がいい!

今年も妻と外飲みしました!
「グイッ!」「ゴクッ!」
「カーッ!」「ク〜ッ!」
みたいなやつ。
(もちろんちゃんと仕事もしてますよー!)

そうそう!
これを1番に伝えなければならなかったのですが、先日8月10日で当店は1年3ヶ月経ちました!
いつもありがとうございます!

前にInstagram(showta.n11)でも投稿して重複してしまうのですがサービスのあり方を改め定休日を設けました!

(詳細はhttp://november-eleven.com/にて)

時間外営業(夜遅くとか)は相変わらず継続してやっていますが、自身の不安と様々なお客様に来て欲しいという想いから始めた不定休でお休みするということを、混乱を招いてしまったのでやめました!

やめたで言えば...

ちょっと前に従業員が1人辞めました!というか卒業ってやつですね!
なんか今は〇〇〇〇〇チャーで仕事してるみたいで、彼が1番やりたいことなら応援してあげたいですね!( ◜௰◝ )

さてさて、僕は理美容の仕事を通じて様々人と出会い、お話をして、助けられて、そこに対しての感謝を忘れずに、日々が勉強だなと職場が1番勉強になるなと思いながら仕事をしていますが、「サービスって何?」って最近思います。

理美容もそうですし飲食店、衣料品店や日曜雑貨などを置いてるお店(スーパーやドラッグストア)今や病院などもそうだろうか?様々な職業、職場が「サービスって何?」がテーマではないでしょうか?


考えればキリがないんですがそこに順位付けをするとしたら何が1番でしょうか?

例えば僕の職業はカットが上手いとかカラーが得意とかシェービング、パーマが1番とかでしょうか?
飲食店であればやっぱり料理の味なのでしょうか?このご時世なら清潔感も大事ですよね?
他のサービス業はどうでしょうか...??

まぁキリがないんです。

でも僕は思います!
サービスの中で1番大事なのは
お客さんを笑わせること

このblogを読んでくれている方は想像してみてください!身近な人の幸福に満ちた顔を...(※なんかの会とかの勧誘では無いのでご安心をw)

どうですか?

笑う、もしくは微笑んでいませんでしたか?
中には涙を流しながら笑顔のだったという方もいるでしょう!

その笑顔を想像してみて自分もちょっと嬉しくなりませんでした?

「ムフフ」ってなりませんでしたか?

これが僕が思うサービスの原動力なのです。

だから笑わせるために毎日必至です!

毎日ネタ探しです!!

その間も僕は「ムフフ」です!
(傍から見たら変なおじさんですw)


1時間はどうしたっていなきゃいけない空間なら楽しい方がいいですよね?元気になれた方がいいですよね?幸せな気持ちになれた方がいいですよね?

はっきり言って理美容室でカットが上手いのは当たり前、飲食店の飯が美味いのは当たり前(そもそもお金貰ってるんだからそんなのサービスになりません)あとはお客さんが合う合わないを決めるだけですから( ˙灬˙ )


お客さんがどうなりたいか??
どのような時間を過ごしたいか??
中には話しかけないで欲しい人だっています。
そういうことを1つずつ丁寧に考えて汲み取ること、そこにサービスの具体的な在り方が隠れてるような気がします。


僕はこういうことを考えたり想像してみて即実行です!楽しいです!なまら!!

皆さんそれぞれ何が1番大事でしょうか?

あっ!そうそう余談ですが
この前妻に「アナタは3番目だから」
と言われました。

前はポルノグラフィティの岡野昭仁さんのだったのですがどうやら最近、俳優の田中圭さん
2番目に食い込んできた模様です。

そりゃ3番でも仕方ねぇわ!wwwww










調理学校に通っているお客様から実習で作ったパンを頂いた。(以下、お客様=彼)

彼は言います。

「自分は器用だと思っていたが…(中省略)
バイト先などで不器用さを痛感させられた」


アナタは器用ですか?それとも不器用?
と聞かれたら皆さんはなんと答えるであろう。

僕は「不器用」だと答える。

学生の頃は器用だと思っていたのだが、社会に出て不器用さを痛感させられた毎日だった。

正直つらいな…辞めたいな…の毎日。

その頃の自分を振り返ると認めたくなかったんだなと思う。

自分が不器用なことを、人より出来ないんだってことを…
(調子に乗ってましたからね〜あの頃は(^^;;w)


や、でもほんと最近つくづく思う。

この前もうちの妻へのサプライズプレゼントも失敗したし…w
(このことに関してはまた別な機会にw)

ちなみにこれが彼から頂いたパン。
IMG_3699
や、うまいぞ!これ!

そりゃプロの目から見たら色々あるのかもしれないけど少なくても僕はおいしいと思うし、お腹も満たされた。満足(^^)


ここから先は僕の考え方だけど、

美容師だろうが調理師だろうがプロだろうがアマだろうが一生懸命やって結果作って対象とする誰かを満足させることができれば器用だとか不器用だとかそんなの関係なくないか?

と思う。

そんなことより「自分は不器用」と認め、そう言える彼を僕は素晴らしいと思う。
そしてこれが人が成長していく過程で最も重要なんだと思う。

僕は自分の不器用さを認めるのが遅かったから店を持つまで時間がかかったけど、その不器用さを認めるのが早い彼は目標に辿り着くのも早いだろうと思う。。。


彼はパティシエになると言っていた!


パティシエになったらケーキ食べに行くわ!


新たな目標が出来た一日。。。


妻「あれ?今日コンタクト??」

僕「え?いや、メガネだけど?」

妻「……は?」

僕「……ん?」

妻「…………」

僕「…………」

それは少し刹那的な、時間にして1秒くらいだと思うが微妙な空気のあと一瞬で笑いがおきた!

妻「いや!かけてないじゃん!笑」

僕「うそっ!あっ!ホントだ!笑」

そう!今思えばこの日は朝(5/23)からなんだか変だった。というかここ最近、休みの日になるといつもこんな感じかも。



(ちなみにこの後上記のやり取りは僕たちの中で「メガネ事件」と言われた。)




と、まぁこんな感じで僕たちの休日が始まり、珍しくやることがあって朝もわりと早く家を出ることに…



そして、、、




前日から行くと決めていた場所に、、、




予約もなしで、、、




で、


いざ電話してみると、、、







なんと!!!




5月27日でその場所から移転になると言う!



ちょっ、





「聞いてないよ!」






その場所は「クラブチャイナ」という中華のコースが食べられるレストランなのだが、隣にチャペルがあって、思い出の場所なのである。


ちなみに以前訪れたのは8年前。なぜ8年も空いたのかというと独立前の職場とお店の定休日が重なってしまうためである。5月になるとなんとなく思い出し、今回もそんな感じで…
行かないという選択肢はなかった。
むしろその場所からお店が移転するとなると、なんだか余計に行きたくなったのだ。

電話ですぐ予約。

17時30分からだという。



そのレストランは住宅街にあってちょっと見つけにくいのだが地図を頼りに進むととても綺麗な手入れの行き届いた木が見えてくる。
ちょっと昔の洋館を思わせる門の奥にはパラソルのついたテーブルが2つと各テーブルを囲うようにそれぞれ四脚の椅子が並ぶ。
おそらくつい最近まで桜が咲いていたのだろうテーブルの横には緑色の葉をつけた大きな木と下には桜の花びらが散りばめられていて、その傍には必死で枝にしがみつく八重桜の花びらが風になびいていた。

IMG_3636
IMG_3635
IMG_3638

8年前の記憶だが外観はそのまま。

扉を開けるのに胸が躍る。

「ガチャ」

店に入るとそこには若いお姉さんが立っていて笑顔で出迎えてくれた。

早速席に案内されメニュー表が渡される。

僕たちは迷わず1つのコース料理を選び、1番高価そうなスパークリングワインを選ぶ。

が、しかし

そのスパークリングワインがないという。

残念だ、、、

代わりに別のものを用意してもらった。

IMG_3639

当時は緊張から覚えていなかったのか式の最初の乾杯は必ずこれなんだと店員さんが言っていた。

ここでしか飲めないオリジナルのものらしい。

僕「美味しい!」

しかし、なんとなく覚えているくらいなので初めて飲んだ感じもした。
当時はワインをまだ知らなかった妻。

妻「美味しい!」

僕は心の中で(8年ってなんも変わってないようだけど変わってるものも意外と多いのかな?)
と思った。

料理が出てくる


まずは前菜の盛り合わせ。
IMG_3640

IMG_3642

次はスープ。

IMG_3646
IMG_3650
IMG_3651

この辺から酔ってきて順番が…。

IMG_3652
IMG_3647

最後はチャーハンとデザートでシメ。

その間ワインをデキャンタで。

もうだいたいいい気分になった僕は
IMG_3649

ライトアップされた夜の庭をパシャリ。

最後に店員さんが中央区に移転したのちにまたこの場所に戻ってくると言っていたので、またここで食事することを目標にして明日からまた仕事を頑張ろうと思った。

この場所に来たことといい、ワインのことといい「直感」が生むものは時に計り知れないものなのかもしれない。

何が生まれたか…それはまた別の話で(^^)

↑このページのトップヘ